2018年9月18日火曜日

「再審請求の戦いを続ける死刑囚日本人ボクサー」


「再審請求の戦いを続ける死刑囚日本人ボクサー」 
                                                  (ズスキ ミワ AFP/時事) 
ジャパンタイムズ ニュース (2018/9/17)
(写真) 静岡県浜松市の町を歩く元プロボクサー袴田巌さん。1966年、一家4人の殺害の罪で死刑判決を受けた。(828日。APF/時事)

(静岡県浜松市)トレパン、上着、麦わら帽子姿で街を歩く82歳の袴田巌さんは日常生活をこなしに出かける80代の普通の日本人と間違われてもおかしくない。
しかしこの元ボクサーは普通の生活とはかけ離れた生活を送ってきた。半世紀の間、死刑判決の下に生きてきたのである。彼はおそらく最も長い期間、死刑判決の下にいる人だろうと思われる。
この殺人被告人は異常な死刑判決の下にありながら再審を待ち続けているのである。
支援者たちに依れば、50年近くに及ぶ拘留、しかも常に刑の執行の恐れがつきまとう独房での生活が、袴田さんの精神的な健康状態に大きな被害をもたらしてきたという。
彼は現在静岡県浜松市の街を何時間も歩いている、自分の世界に閉じこもって。
AFPの人間が蒸し暑い夏のある日に袴田さんに会った時、この元ボクサーは「毎日闘っているんだ」と言った。
「一旦勝てないと思ったら、勝利への道はない」と彼は言った。
ボクシングについて語りながら、死刑判決への正義の長い戦いについて語っているのだと思われた。
支援者の寺澤暢紘さんによれば、「空想の世界を創ること」は、何十年にもわたる拘留と、いつ死刑執行されるかもしれないという恐怖から生き残るための袴田さんのやり方なのだ。
「以前と違い、自由に歩くことができる。でも、心の中ではいつ死刑を執行されるか分からないという苦悩にさいなまれて独房に閉じ込められている。何十年もの間、死刑と冤罪の恐怖から逃れることができないでいる」と寺澤さんは言う。
袴田さんの話は1966年に始まる。この年、勤めていた会社社長、その妻、二人の10代の子供の強盗殺人と放火の疑いで逮捕される。
最初は起訴内容を否認していたが、後に彼が主張するところの、殴るなどのひどい警察での取り調べ結果、自白することになる。
彼は自白を撤回しようとするが、1988年死刑判決を受け、1980年最高裁で刑が確定する。
袴田さんは再審を請求し、堅固な日本の裁判制度の中で稀な例として、静岡地裁が2014年、再審を認める決定をする。
決定では、捜査には証拠ねつ造の可能性があるとし、袴田さんを釈放した。さらに、これ以上拘留することは「耐え難く正義に反する」と述べている。
しかし法律上の行きつ戻りつは続き、東京高裁は6月、地裁の決定を覆し、最高裁に差し戻すことを決定する。
日本はアメリカ以外の先進主要工業国の中では唯一死刑執行をしている国である。これは広く大衆の支持があるためであり、この問題での議論は稀である。
日本政府は最近オウム真理教のメンバー13人を、1995年の東京地下鉄致死ガス攻撃事件を招いた罪で死刑に処した。
現在の所、裁判所は袴田さんが高齢であることを考慮し自由を認めているが、支援者たちは袴田さんが再び拘束され死刑にされる可能性があることを恐れている。
先月検察庁は、袴田さんの「不必要な判決中止の状態をやめる」ための訴えを退けるように最高裁に要請した。
しかし、袴田さんの姉の秀子さん(85歳)は、弟の無罪を訴えるために日本中に出かけていくと強く言っている。
袴田さんの有罪判決の決め手となったのは、事件が起きてから1年以上たってから現れた血痕の着いた衣類だった。
支援者たちによれば、その衣類(のサイズ)は袴田さんには合わず、血痕も経った時間を考慮すると新しすぎる。DNAテストでは袴田さんと衣類の血液の関連は見つからない、としている。しかし、高裁はその検査方法を却下した。
秀子さんはできるだけ弟を寛がせ、拘置所では食べられなかった新鮮な果物や野菜を食べさせている。
「自分のやりたいようにやらせるの。」と秀子さんは言う。
しかしながら、秀子さんは1980年に最高裁が弟の訴えを退けた時の怒りを忘れてはいない。
「みんなが敵に見えたの。そこにいるみんなが。弁護士も支援者たちも含めてみんな敵に見えたの。」と言う。
「でも、巌は地獄の門に立っていたのよ。私は前に進むしかなかったの。」

2018年8月23日木曜日

映画「48yers 沈黙の独裁者」評

砂入博史「沈黙の独裁者」によせて

20188月、砂入博史制作の映画「沈黙の独裁者」を見た。この映画は2015年初夏、袴田巌さんへのインタビューを編集したものである。そこには48年の拘禁から20143月末に釈放されて1年を過ぎ、外へと散歩に出かけ始める前の巌さんの発言がまとめられている。
 拘禁によって、巌さんの言葉は意味不明のようであるが、巌さんのなかでは文意は通じている。単文で切りとり、構成を組み替えれば、何がいいたいのか推定できるときもある。袴田巌用語として、その含意を理解することが必要なのだろう。
 出獄後、巌さんに「好きな言葉は」と聞くと「真理」と答えた。当時、巌さんは家の中を独房での生活が続くように、歩き続けていた。言葉からは、監獄の中で自己を神と措定して、歩き続けて身体を維持してきた。真理の実現はすなわち解放であり、その真理の実現を念じ続けてきたようだった。
 映画での巌さんの発言には、真理だけでなく、歩く、勝つ、理想、権力、ばい菌、儀式、神、悪魔、無実といった言葉が出てくる。48年間の孤独な監獄での自問と生への限りない欲求、再審実現と無罪解放への詩情が、袴田巌の独自の拘禁世界形成とその世界を示す用語になったのだろう。
 映画での巌さんの発言から受け取ったメッセージは、真理を実現したい、神となって権力を持ち、拘束する悪魔と闘い続ける、信じて闘って勝ちたい、勝つことが生き抜くことだ、歩き続ける、身体を機械のようにし、強くする、人間としての夢と理想があるんだ、国家に無罪を認めさせる、跳んで歩け、幸せを感じようというものだった。
 映像での、巌さんの拘禁の影を持つ言葉から、見る側はさまざまなメッセージを受ける。映像制作にあたり巌さんは「尊厳のあるもの映像を」と監督に注文したという。巌さんは尊厳をもって発言している。巌さんの現在を知るために、欠くことのできない映像である。
 20186月の東京高裁決定は、「国家に間違いはない、国家はねつ造しない」とする現在の国家意思が、裁判官の身体を通じて体現されたものだった。巌さんの尊厳は侵されたままである。巌さんは、このような国家との闘いで、自己を神へと疎外させ、呪文を唱えるように歩き続けて、生を維持してきた。映画をみながら、その尊厳回復に向け、再審・無罪を勝ち取るために、巌さんと新たな一歩をすすめたいと思った。(T
                     浜松人権平和 ホームページより転載          

2018年8月20日月曜日

不当逮捕から52年

  8月18日は袴田さん不当逮捕の日です。
 52年前の夏は、今年ほどの暑さではなかったと思いますが、連日深夜まで過酷な取調べが行われました。
 「無法者静岡県警」の餌食となり、「冤罪ながら死刑囚」にさせられてしました。6・11高裁不当決定の大島裁判長は「殺屋」です。断固糾弾。
 最高裁は高裁決定を厳正且つ早急に検証し、改めて再審開始決定を行うべきです。
 
 以下は、1973(昭和48)年11月26日の巖さんから兄茂治さんへの手紙の一部です

 さて、私も、冤罪ながら死刑囚、全身にしみわたつて来る悲しみにたえつつ生きなければならない。そして死刑執行という未知のものに対するはてしない恐怖が私の心をたとえようもなく冷たくする時がある。そして全身が冬の木枯らしにおそわれたように、身をふるわせるのである。自分の五宮さえ信じられないほどの恐ろしい瞬間があるのだ。然し、私は勝つのだ。
 私は、今日の自分の生活に対する決意と行為が、一つなりとも卵を持って石に投げつけるに等しい無謀なものだとは思わない。こうして真実に反した、私の拘留も、そのいらだちも、怒りも、悲しみも、前述と矛盾するが、今の無実のこの私には起こらない。それは運命にしたがう従順さ、というものはない。ふしぎな自信が、いつの間にか、この私には、この胸中には、つちかわれているのである。
 仮に、どんないじわるな方法で、どんな冷酷なとじこめられかたをしても、決して負けない。又、運命は、開らけると信じている。私の現在悲しみ多い立場を誰に分かってもらえるだろうか。私に、無実の悲しみを強いたのは、原審の違憲と、警察の偽証だ。この因で、身にふりかかった、数々の危難が、今は逆に、この決して負けない、運命は開かれるという自信を私に抱かせるのである。然し、しずまりかえった独房で独り寝る夜、時として、神を恨まずには居られないのである。私が、何の罪を犯したというのだ。何の為に、いつまでも拘留され、或いは、この世を去らねばならないのか。このような残酷な宿命を与えるとは、何という冷たいしわざか。こんな神様なら、世の中に、いらないのだ。私は、神にむかって叫びたい衝動にかられるのである。 
 私の、犯人たり得ないことは、既に、法廷で明かにされているのだ。本件における、今日の私の存在は明かに白だ。本件の真犯人としての、当然、当てはまらなければならない所の、数点の血染の物証、この全てが、私には、当てはまらないのだ。ばかりか、本件真犯人としての第一条件おも満していないのだ。この私を、長々と拘留すること事態、大きな罪であり、今こそ当局は正義に目を開らいて頂きたい。当審で審議済みの証拠に付いても、今さら当局が疑う余地がないのである。更に言えば、物証は嘘を言わないものである。
 神は、私の本件における主張のその潔白と、真実私が犯人でないことも百も御承知ではないか。私がこのように思う夜の次の行為は、きまって一つ、それは頭から布団をかぶるのである。もうそこは悲しみの涙を忍ぶ必要はない。

2018年8月3日金曜日

怒っているのだ 

岩波web世界に、将棋の神谷八段が投稿しました。

怒っているのだ

 袴田さんと同じ浜松出身である筆者は、ボクシングにも精通している記者の方の紹介で昨年春にお宅にお邪魔をして、将棋を数局指すことになった。
 袴田さんが大の将棋ファンと聞きこのチャンスを逃してなるものかと思ったのだ。
 当日、ご本人にお会いすることはできたのだが、数日前に起きたちょっとしたことで袴田さんのご機嫌がいまいちとなり対局はかなわなかった。
 しかし、「これはいかがですか」とそれほど難しくない詰将棋を出題したところ、「馬鹿にするな」という感じで一瞬で正解され、さすがと感心した。
 
 また袴田さん本人とお姉さん、ともにとても元気な様子だったのが嬉しかったものだ。
 
 昨年秋に有楽町で行われた支援集会では、プロボクシング団体の方々や国際人権団体の方々など実に多方面の様々な人間が袴田さんの無罪を信じ、支えようとの気概にあふれているのを見て、「これは大丈夫」と安心した。
 
 
輪をかけた悪手
 
 それだけに、今回の決定にははらわたが煮えくり返る思いである。
 DNA鑑定については正直よくわからない。
 あるいは、このことのみにおいては検察の言うことが正しいのかもしれない。
 しかし、おかしな点はそれだけではない。
 約50年前に行われた、一日平均12時間最高17時間という、拷問に近い、いや拷問そのものといえる炎天下での取り調べ。
 一年後に偶然見つかったとかの、袴田さんがどうやっても着ようのない、犯行時着用とされるサイズの小さなパジャマ。
 さらに、そのズボンに書かれた“B”の表示はサイズを表すと言い張り、製造業者の方がそれは色だと証言しても自らの主張を押し通したことなどなど——。
 警察と検察が積み上げた証拠がまるで出鱈目と言うことは、誰の目にも明らかなのに……。
 
 それらを無視して東京高裁は再審を認めなかった。
 警察、検察が悪手に悪手を重ねてきたことを、遅すぎるけれど正すチャンスを投げ捨てたわけであるから、さらに輪をかけた悪手といえよう。
 
 それでも袴田さんを再収監しなかったのは、自分の決定に後ろめたい気持ちのあることを示す証拠と言えよう。
 検察、裁判所の考えていることなど手に取るように分かる。
 この後、最高裁で仮に再審が認められたとしても、そこに至るまでには何年もの歳月を費やす。
 再審が始まって無罪判決が出たとしても、それにも数年。
 無罪判決に控訴すれば、またそこから数年。
 それに負けてもさらに上告すれば、それにも数年。
 この年月の間には袴田さんもお姉さんも、いつまでも元気というわけにはいくまい。
 時間とともに事件も徐々に風化。
 最後の最高裁でどんな判決が出たとしても、自分がその場にいなければ関係がない。
 
 筆者が将棋のプロだからこうした成り行きが読めると言うことではない。
 このくらいの読みは、普通の頭があれば、誰にでもできることだろう。
 この国では、自分が責任を取りさえしなければそれでいいという連中が、権力者面をして高給をとっているのだ。
 
*     *     *
 
 最後に少々物騒なことを書く。
 高裁決定を聞いた後、心に決めたことがある。
 それは、今後警察、検察、裁判所からどんなことを頼まれても絶対に協力はしないということ。
 仮に重大事件の解決に関することだとしてもだ。
 細かいことだが、運転免許の更新時に頼まれる交通安全協会への寄付も、これからは死ぬまでしない。
 袴田さんを50年苦しめ、今もそれを続けている奴らへの、小さな小さな抵抗である。
 このようなことは正しくないかもしれない。
 筆者は悪人になるのかもしれない。
 しかし決めた。
 そのくらい怒っているのだ。

著者略歴

  1. 神谷広志

    棋士。1961年静岡県浜松市生まれ。

2018年7月25日水曜日

39年前の無念さは、大島不当決定に重なる


「これはもう裁判ではありません」
以下の文章は袴田さんが39年前、高裁横川裁判長を「無法者、殺屋」と弾劾し、無念の思いを表明したものです。この文章は、今回の大島不当決定にそのまま当てはめられるものと思います。 無実の「死刑囚」連絡会議 会報4号(1980年4月20日発行)より

全ての皆様方に訴えます。私は、無実の死刑囚・袴田巖と申します。
一九六六年、昭和四一年六月に清水市横砂で重役一家四人殺し放火事件が起こりました。私は、その当時、本件の被害者の経営する、こがね味噌会社、工場の独身寮で生活して居りました。思えば不当逮捕から深々十四年目に突入しています。
警察官の物的証拠偽造という悪逆な行為により、私は逮捕されたのであります。そして、連日連夜の拷問的取調べと、卑劣な術策を用いて、完全な病人である私を遂には悪質な騙しうちにかけて調書を一通でっち上げたのであります。取調官等は、私が病気であり、暴力の攻めに抵抗できないことをよいことに生命に直接関わる暴行を駆使してきました。そしてうむをいわさず、次々と推測による架空調書を捻出したのであります。然し、右の物証偽造並びに調書のデッチ上げという根元的未曾有なる違法行為は、隠しようもなくなりました。即ち、本件発生一年二ヶ月余を経て出現した新証拠血染の衣類の存在によって捜査陣の不正は余すところなく世間一般に暴露されたのであります。ところが、一審静岡地裁石見裁判長は、私の無罪証明として不同かつ明白である証拠物の存在価値を頬被りすることによって。一九六八年九月十一日に私に対し暴虐にも死刑を科したのであります。このような司法権力の出世主義が醸す無責任性と不正義さを断固国民各位に訴えるものであります。
 本件に於いては右のような不当行為が警察・検察・裁判所一体の権力犯罪として如何にも露骨に示されました。民衆が安易に裁判官を信ずることは間違いであります。
 私を無罪にするのが正当であった二審における争点は、新証拠の血染めの衣類五点が被告人に結びつくものであるか否かでありました。高裁で行われた三回の装着実験が顕著に関係者に示したものは一致して、新証拠は、全く被告人には無縁であったという事実でした。
 第一に、血染めの白半袖シャツ右肩に二つの損傷に相応する傷跡は、被告人に全く存在していないこと。
 第二に、血染めのズボンが小さ過ぎ、被告人にこれを穿くことは到底不可能であるばかりか上にあげることすらできないのです。もはや無罪は決定的です。ところが、二審横川裁判長は、なんら科学的根拠もないまま何とウエスト部分が十三センチも縮んだことにデッチ上げてしまい、本件当時は、被告人に穿けたと空惚けたのであります。そして何よりも許されないことは、弁護人が指摘した問題点に理由さえ示さず一刀両断にするという暴挙に出たのであります。これこそ彼、横川敏雄の無法者としての素顔を象徴していると思います。とにかく彼の判決は、それだけでは有罪の証拠となり得ない、幾つかの事実らしいものを並べたて、このうちの有罪の都合のよい解釈だけをひっぱりだしたのです。然し、これらの事実は客観的に見るなら、誰の眼にも無罪という結論を導き出す有力かつ決定的武器なのであります。本件横川敏雄のように初めに有罪という歪曲された結論があって、そのために都合のよい解釈を集めて廻すというのでは、これはもう裁判でありません。右横川は、私から公正な裁判をうける権利さえ奪ってしまったのです。
 横川敏雄は、既に退官して居りません。然し、彼が出世したいが為に成した本件に対する謂れなき殺人行為は今だ生きております。私は、その被害者です。彼をのさばらせておくのは無念でなりません。社会正義にもそれは反します。この意味で、心ある人民各位に訴えます。殺屋、横川敏雄を徹底的に弾劾して下さい。彼は卑劣極まる官僚でした。そして本件に対し真実を無視し、無闇に日帝専制に同調しファシズムによる官僚同士の庇い合いという反社会的な心証の悪用の下で司法権を濫用し、無実明らかな民衆に対し死刑を科したのであります。この判決内容は、誰が検討しても法令に違反すると同時に、同僚達の非を更なるデッチ上げをもって庇おうと意図した官僚の陰謀であり、それらを恥知らずにもむき出しにした極反動有罪判決であることを断言したものである。
 右の如く国民総てをないがしろにした明らかに誤判は、当然、国民の攻撃によって微塵に粉砕されなければならないと存じます。
 皆様、本件裁判闘争の決戦は、控訴棄却以来四年半ばに達しました。しかし、最高裁の動きは今だございません。この状況は、ある意味から見るならば、本件が勝利への途に乗ったと言えましょう。いずれにしましても、どうか他のフレームアップ事件の御支援も宜しくお願い致します。
 正に係争中の最高裁において、下、中(地裁・高裁)司法権の鮮明な職権濫用を厳しく糾弾し、更に、司法権の無責任さを暴かんが為、不屈の闘志と決意も燃えたぎらせております。不束な私ではございますが、皆様方の御指導御支援を東拘深部より頭を低くしてお待ちしております。さて、とみに反動の波高い最高裁に於いて公正、平明が必ずや守られるという保証はない。この意味で、冤罪者が裁判の正義を託せるものがあるとしたら。それは唯一皆様であります。どうか皆様方の厳しい監視によって司法権の混迷に楔を打ち、全ての裁判官に公正と正義を堅持させて下さい。
 心ある貴方へ
   一九七九・十一・八
                           袴田 巖
                         (東京拘置所)

2018年7月11日水曜日

オウム真理教幹部死刑執行抗議声明

 
 オウム事件の死刑囚6名の死刑執行に対する抗議声明 日本脱カルト協会は、本日、元オウム真理教の土谷正実(東京拘置所)、遠 藤誠一(東京拘置所)、井上嘉浩(大阪拘置所)、新実智光(大阪拘置所)、中 川智正(広島拘置所)、早川紀代秀(福岡拘置所)の各死刑囚に対し、死刑が 執行されたことについて、遺憾の意を表し、法務大臣に対して抗議をすると共 に、残り6名のオウム事件の死刑囚(小池(旧姓林)泰男、豊田亨、端本悟、 広瀬健一、宮前(旧姓岡崎)一明、横山真人)については、決して死刑を執行 せず、恩赦により実質終身刑の無期懲役に減刑した上で、終生を贖罪とオウム 集団の活発化の阻止、同種事案の再発防止の礎とするよう強く要請する。
以 上

                                                                   2018年7月6日

                                                         日 本 脱 カ ル ト 協 会 代表理事 西 田 公 昭

法 務 大 臣 上 川 陽 子 殿

2018年7月7日土曜日


201877
オウム真理教幹部の死刑執行に抗議する

7月6日、上川法務大臣は「鏡を磨いて磨いて磨いて磨ききる気持ちで判断した」とオウム真理教幹部7人の死刑執行を行いました。
 オウム真理教の引き起こした事件の被害者やご家族の方々には心から同情いたします。テロは厳しく非難すべきですが、国家による殺人である死刑執行には強く反対します。死刑は非人道的、残酷で犯罪の抑止効果もありません。
 執行された7人のうち6人は再審請求中で、精神疾患を抱える者も含まれ、今、死刑を執行する必要がないのに執行した行為は国家の暴走です。曰く「平成のうちに」、曰く「天皇即位の前に」曰く「東京オリンピック・パラリンピックを前に」等々の理由は、法の正義の下の執行ではなく、明確な暴力的な国家の意志でしかありません。
 今回の死刑執行は、6人の再審請求中の状況を無視し、 憲法37条(公平な裁判を受ける権利)及び31条(適正手続の保障)に違反しています。また、精神疾患を抱えている1人には、刑事訴訟法479(「死刑の言渡を受けた者が心神喪失の状態に在るときは、法務大臣の命令によって執行を停止する。」)を慎重に考慮する事もなく行われています。
 我が国ではこれまで、4人の無実の死刑囚が長い時間をかけた再審請求により、無罪を獲得しています。その4人目の島田事件の冤罪被害者である、赤堀政夫さんが無罪を勝ちとって29年になります。一方で、名張毒ぶどう酒事件の奥西勝さんは、再審請求中の2015年に89歳で無実の死刑囚のまま無念の死を遂げています。
 また、清水こがね味噌事件(袴田事件)の無実の死刑囚袴田巖さんは、4年前、再審開始決定により「耐え難いほどの正義に反する」と、確定死刑囚のまま身柄が釈放されました。477ヶ月の獄中生活のうち、1980年の死刑確定後は、「冤罪ながら死刑囚」として死刑執行の恐怖におびえる、残酷な日々を過ごしてきました。
 去る611日、東京高裁大島隆明裁判長は、静岡地裁村山裁判長による再審開始決定を取り消しました。しかし、袴田巖さんの拘置の停止の取り消しは行われず、今もなお死刑執行の恐怖を抱えた妄想による、自分の世界を築き上げた「確定死刑囚」のまま、「市民生活」を送りながら最高裁の判断を待つ事になりました。
 今回の死刑執行は、国家の暴力的な意志による「大量殺人」であり、「公開処刑」とも言える、執行予告など重大な人権侵害の何物でもなく、強く抗議し、死刑制度の廃止を求めます。

                               心の旅の会 会員 寺澤 暢紘