2019年6月28日金曜日

最高裁の再審妨害


2019627
最高裁による大崎事件の再審妨害抗議文

昨日最高裁第1小法廷の裁判官全員の一致で、大崎事件の再審請求を棄却しました。大崎事件は2002年3月(第一次再審請求)、2017年6月、2018年3月(第三次再審請求)の3回に及んで再審開始が決定されています。
 無実の人を救う最後の砦である最高裁が、地裁、高裁の再審開始決定を、司法の責任を果たそうとせず無残にも取り消してしまいました。
今回は3度目の再審開始決定に対して、検察が最高裁に特別抗告を申し立てたものです。これについて最高裁は、単なる法令違反、事実誤認の主張であると退けながら、地裁及び高裁の再審開始決定を誤りであるとして再審開始を取消したものです。
最高裁の決定は、福岡高裁宮崎支部で転落事故の可能性を指摘した鑑定を、「過大に評価し」、「実質的な総合評価を行わずに結論を導いたもので、不合理であるといわざるを得ない」と葬り去っています。
また、この鑑定人に対して「豊富な経験と専門的知見を備えた法医学者」と認めながら、「死体を直接検分しておらず」「言及されている情報や解剖の際に撮影された12枚の写真からしか死体の情報を得ることができなかった」と、全く見当はずれの批判をしています。
その上で「無罪を言い渡すべき明らかな証拠に当たるものとはいえない」として、裁判官全員一致の意見により再審請求を棄却しています。
大崎事件の冤罪犠牲者である原口さんは、6月15日で92歳の誕生日を迎えたばかりです。92歳の誕生日に花を添えるはずであった最高裁の判断は、再審妨害という不当な壁でした。最高裁のこうした姿勢は、事実を直視せず、原口さんの命を掛けた闘いを、有無を言わさず圧殺したものに他なりません。
昨年6月11日の東京高裁による袴田巖さんの再審開始決定の取消し、さらには7月のオウム真理教幹部13人の大量死刑執行などは、歯止めの効かない国家権力の恐ろしさを感じます。
大崎事件の再審開始決定の取消に強く抗議し、最高裁の良心がまだ存在しているのであれば、今後再び誤判による冤罪犠牲者を出さない姿勢を求めるものです。

               島田事件対策協議会有志
               浜松 袴田巖さんを救う市民の会有志

2019年6月19日水曜日

赤堀さん90歳の誕生日

 赤堀政夫さん90歳の誕生日の日に、島田事件対策協議会の代表が、名古屋の赤堀さんを訪ね、誕生日のお祝いを届けました。映像はその日の様子です。


島田アピールにご賛同いただいた皆様へ


 今回、赤堀政夫さんの解放30年・90歳誕生日のタイミングで提起した「島田アピー
ル:冤罪を生み出す温床の解消を目指し、再審法改正と死刑廃止を」に対して、多く
の個人・団体から熱い賛同のメッセージをいただきました。誠にありがとうございま
した。
 島田事件対策協議会は617日、島田アピールに賛同していただいた370名・20団体
を代表して、安倍晋三内閣総理大臣と山下貴司法務大臣宛ての要望書を内閣府および
法務省に提出しました。法務省では、福島みずほ参議院議員(社民党)の労により、
意見交換会という形で約1時間、刑事局・矯正局の担当者を前に、代用監獄の廃止や
誤判原因究明委員会等の設置、絞首刑の残虐性、死刑執行に対する異議申立、裁判に
於ける全面証拠開示、再審裁判に於ける検察官上訴の禁止など、冤罪をなくすための
主張を幅広く訴えることができました。
袴田巌さんの再審無罪を勝ち取る闘いなど、冤罪を晴らし、冤罪をなくす闘いは各地
で取り組まれています。皆様とともに冤罪のない社会をめざして行きたいと思います
ので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
    20196月吉日         島田事件対策協議会

※添付写真は、「島田アピールを法務省職員に手渡す秋野正男・島対協代表」
※なお、下記URL(朝日新聞デジタル)や地元紙などで報道されました。
8N4Wrr5TSOJ-dX1v8c3tq9UqSOVHREHlu2QpikG7ievcB1wI


2019年5月28日火曜日

袴田巖さんの再審無罪を求める5・25浜松集会








袴田巖さん帰郷5周年
袴田巖さんの再審無罪を求める5・25浜松集会アピール
 
5年前の3月27日、静岡地方裁判所は袴田巖さんの再審開始を認め、477ヶ月ぶりに拘置所から釈放しました。再審開始決定は捜査機関のねつ造の疑いを認めるなど、決定文には「これ以上の身柄拘束は、耐えがたいほど正義に反する」とまで記されていました。
 ところが検察の即時抗告を審理した、東京高裁大島隆明裁判長は昨年6月11日、静岡地裁の再審開始決定を取り消しました。4年の時間をかけ、無罪と死刑という天地がひっくり返る判断が下されるという信じられないものでした。
 静岡地裁の決定を覆した大島裁判長は、袴田さんをあらためて再収監することは認めませんでした。しかし、検察は袴田さんの再収監を認めるよう、最高裁に強く求めています。最高裁の判断によっては、袴田さんはいつ拘置所に逆戻りさせられてもおかしくない、とても危険な状況に置かれています。
 袴田さんが再収監されるということは、死刑の執行を前提とするということです。一度は無罪を前提に釈放された袴田さんが、わずか4年後に「お前はやはり死刑だ」と再収監されるなどということが許されてよいのでしょうか。
 もし、そんなことが現実に起これば、弁護団も訴えているとおり、「世界にも例を見ない前近代的、非人道的な事態」です。人命を弄ぶにも等しい行為であり、最高裁だけでなく司法全体に対する国民の信頼を著しく失墜させるに違いありません。
 袴田巖さんは無実です。
最高裁は無辜の民の救済のための再審請求であることを踏まえ、直ちに再審開始を行なうべきです。
                                       
                   2019年5月25日

袴田巌さん帰郷5周年  袴田巖さんの再審無罪を求める5・25浜松集会
<主催団体:浜松 袴田巖さんを救う市民の会>

2019年3月26日火曜日

袴田巌さんの再審開始を!再収監を許さない3・23全国集会

2014年3月27日の再審開始決定から5年目を迎える袴田巖さんの再審開始と再収監を許さない全国集会を3月23日に開催しました。





 オープニングは、東京のダースレイダーさんと大阪のコンビに強盗の冤罪犠牲者のMIC SUN LIFEさん によるラップでした。ダースレイダーさんは、袴田さんの
ことを歌った「ファイティングポーズ」でファイトしてくれました。


 西澤弁護士から弁護団報告が行なわれ、支援者からのアピールがありました。
 ボクシング協会からは元チャンピオンの今岡さんや袴田さんの漫画を連載中の森さんたちからアピールをいただきました。

  この日はイタリアのエジディオのアルベルト事務局長の参加があり、福岡事件再審キャンペーンに取り組んでいる古川さんが紹介してくれました。
 
 アルベルトさんからは、来秋のローマ法王の来日に合わせて、巌さんとの面会を実現させる為の努力の約束が表明されました。




アムネスティの海外からのメッセージも沢山届いていました。



2019年2月3日日曜日

島田アピールに賛同を!


島田アピール(冤罪を生み出す温床の解消を目指し、
          再審法改正と死刑廃止を)に賛同を!
~1・31赤堀政夫さん解放30年に寄せて~


赤堀さんは獄中で次のような経験をしたといいます。
「ある日(の朝)、ダッダッダッと足音が聞こえたの。足音がどこかのドアの前で止まると、その房の人がその日処刑されるんだよ。その日、その足音が僕のドアの前で止まった。カチャカチャって鍵を開ける音がして、僕の房のドアが開いたんだ。僕はびっくりして腰が抜けちゃった。刑務官が『赤堀、お迎えだよ。』と言った。その時、保安課長が急いで部屋に入ってきて、その刑務官に何か言った。そしたら、その刑務官が慌てちゃって、私を置いて部屋から出て行った。間違えたんだよ、部屋を。」(「死刑冤罪」里見繁 P205
 このような極限の状況は、どんなに想像をたくましくしても、私たちの想像が及ぶものではありません。赤堀さんの死刑廃止の訴えは、このような経験を含む赤堀さんの全存在をかけてのものであることを、私たちは赤堀政夫さん解放30年にあたり、あらためて重く受け止めたいと思います。
「死刑判決を取り消す」という宣告がない限り、自分の背中に十字架が張り付いたままだ という免田栄さんの苦悶や傷も、周囲の人に見えないからこそ強く私たちに訴えるものがあります。(「死刑冤罪」P25~26
 赤堀さんに続いて再審公判に進むはずであった袴田巖さんは拘置の執行停止で解放されましたが、身分は死刑囚のまま再び死刑台へ連れ戻されようとしています。なんとしても再審を開かせ、無罪判決を勝ちとる必要があります。「裁判所に対してはいつでも弓を強く引き絞っておかなくてはならない」との故大塚一男弁護士の言葉を思い出します。
 福岡事件の西武雄さん(1975年没、享年60歳)、飯塚事件の久間三千年さん(2008年、70歳)は再審請求の途上で死刑を執行され、帝銀事件の平沢貞通さん(1987年没、享年95歳)、波崎事件の富山常喜さん(2003年、86歳)、三崎事件の荒井政男さん(2009年、82歳)、名張事件の奥西勝さん(2015年、89歳)は、無念のうちに獄死に追いこまれました。
 赤堀さんの無罪解放から30年、今年の131日を迎えるこのとき、私たちは無実の罪に苦しめられ、闘ってきたこれらの人たちや救援活動に人生をかけた人々を含め、多くの思いを共有し、冤罪のない社会の実現を社会に大きな声で訴えたいと思います。別紙の通り「冤罪を生み出す温床の解消を目指し、再審法改正と死刑廃止を求めるアピール」を皆様と共に公表したいと思います。ぜひ、賛同していただきますようお願いします。
 なお、131日にアピールを発表した後も署名やChange.orgによるキャンペーンなどの活動によって団体・賛同者を募り、冤罪のない社会を多くの人が望んでいることを明らかにしたいと思います。518日(土)の赤堀さんの誕生日までに集約して再度アピールするつもりですが、皆様にご相談しながら進めていくつもりです。
 以上、よろしくお願いします。

               2019年1月31日
島田事件対策協議会 袴田巖さんを救援する清水・静岡市民の会
袴田巖さんを救援する静岡県民の会 浜松 袴田巖さんを救う市民の会
1.アピール内容
別紙,島田アピール(冤罪を生み出す温床の解消を目指し、再審法改正と死刑廃止を)求めるアピール」をご覧ください。
2.賛同連絡先:島田事件対策協議会:代表 秋野 正男
427-0022 静岡県島田市本通六丁目7858-3 森伸一方
FAX/TEL 0547-37-3013 メール:akahori30@erix.com
3.締め切り:2019年5月15日(水)
 ※518日(土)=赤堀さんの90回目の誕生日=をめどに発表を予定しています。締め切り後であっても集約できる限り賛同団体・賛同者に入れさせていただきます。
◎以下の内容でご連絡ください(郵送、FAX、メールのいずれでも可)。できましたら貴団体の活動概要やアピールなどのコメントもお願いします。

島田アピール:冤罪を生み出す温床の解消を目指し、再審法改正と死刑廃止を求めるアピールに賛同します。
団体・個人名[                                      ]
・団体の場合[代表者                ][担当者                ]
住 所[                                         ]
電 話[             ] メール  [                ]
コメント:

2018年12月18日火曜日

「死刑のない世界」聖エジディオ主催

 11月27日~29日までローマで開催された、聖エジディオ主催の「死刑のない世界」に、福岡事件支援者の古川龍樹さんが出席。イスラム国で初の死刑廃止を決めたマレーシアの法務大臣も出席。古川さんに袴田巖さんのアピールをお願いしましたが、各国の法務大臣はほとんど情報を持っていなかったようです。写真は、1 死刑のない世界」のプログラムの表紙。2 マレーシアの法務大臣のスピーチ。3 古川さんと挨拶する国連関係者。4 アメリカで死刑台から生還した男性と無実を晴らすため尽力した教戒師の舞台挨拶。