2020年12月26日土曜日

東京高裁は早期審理を

 


東京高裁は早期審理を

昨日23日、袴田巖さんの最高裁への特別抗告に対して、東京高裁への差し戻し決定がありました。

決定は、2年前の高裁の不当決定における、5点の衣類の色に関する味噌漬け実験報告書や専門家の意見書の判断について、専門的知見に基づかずに否定的評価したことについて審理不尽の違法があると判断し、高裁の不当決定を取り消さなければ著しく正義に反するとして取消し、東京高裁に差し戻すというものでした。

また、この決定には5人の裁判官のうち2人が、再審開始すべきとの意見を述べ、さらに時間をかけることになる差し戻し決定に反対しています。

私たちは、この間袴田さんに時間的な猶予はなく、一刻も早い再審開始を求めてきました。今回の決定により、審理が引き続きことになりましたが、袴田さんの命あるうちの再審無罪の実現を強く求めます。

 

裁判官2人の再審を開始すべき理由

22日付の最高裁決定では5人裁判官のうち2人が、袴田さんの再審開始をすべきであるとしています。以下抜粋。

 「多数意見は、原決定を取り消すという限りでは、私たちの考え方と方向性を同じくするところがある。しかしながら、私たちは、多数意見を一歩進めて、みそ漬け実験報告書は、確定判決の有罪認定に合理的な疑いを生じさせる新証拠であり、また、多数意見と異なり、本田鑑定についても、再審を開始すべき合理的な疑いを生じさせる新証拠であると考える。そして、私たちは、確定審におけるその他の証拠をも総合して再審を開始した原原決定は、その根幹部分と結論において是認できると考える。このような理由から、単にメイラード反応の影響等について審理するだけに原裁判所に差し戻して更に時間をかけることになる多数意見には反対せざるを得ないのである。」



 浜松袴田巖さんを救う市民の会 




 

20201224

 

最高裁の差し戻し決定に対する声明

東京高裁は早期審理を

 

 

1222日、袴田巖さんの最高裁への特別抗告に対して、最高裁第3小法廷の林道晴裁判長ら5人による審理の結果として、多数意見で大島不当決定を取り消し、東京高裁への差し戻し決定がありました。

5人の裁判官のうち林景一及び宇賀克也裁判官が、再審開始すべきとの意見を述べ、さらに時間をかけることになる差し戻し決定に反対しています。

それは、2年前の高裁の不当決定における、5点の衣類の色に関する味噌漬け実験報告書や専門家の意見書の判断について、専門的知見に基づかず否定的評価したことについて審理不尽の違法があると判断し、高裁の不当決定を取り消さなければ著しく正義に反するとしています。

また、みそ漬け実験報告書は、確定判決の有罪認定に合理的な疑いを生じさせる新証拠であり、また、多数意見と異なり、本田鑑定についても、再審を開始すべき合理的な疑いを生じさせる新証拠であるして、その他の証拠をも総合しての再審開始決定を評価しています。

さらに、差し戻して単にメイラード反応の影響等について審理するだけの差し戻しでは、時間をかけることになるとして多数意見に反対せざるを得ないと意見を述べています。

私たちは、この間袴田さんに時間的な猶予はなく、一刻も早い再審開始を求めてきました。今回の決定により、改めて引き続き身柄の拘束の停止が認められたことになりましたが、確定死刑囚のままでの審理が引き続きことになりました。

東京高裁の早期審理を求め、袴田さんの命あるうちの再審無罪の実現を改めて強く求めるものです。

 

浜松袴田巖さんを救う市民の会


2020年12月14日月曜日

死刑確定から40年 再収監を許さないスタンディングアピール

 



20201212

袴田巖さん死刑確定から40年

再収監を許さないスタンディングアピールから

(アピール途中から)

お年寄りの人が、こういう人生でいいのかなと、まあ、でも私みたいに父親も病気で仕事なんかもできるわけもなく、独身ですし。まあ、結局一生フリーターみたいで終わるような私に、まあ、袴田さんのことを知らせることなんて何もできないわけですが、それでも自分ができるなりに、私の路上活動で袴田巖さんのことを話させてもらったり、こういう方法のお手伝いを、まあ、幟なんかを持つ、お手伝いをさせてもらっています。

 

まあ、実際私もこの浜松で、今年45才ですが、住んできたのに袴田巖さんのことは知らなかったという、市民団体の方々に出会って、初めて袴田巖さんのような人がいるんだということを、無実の犯人の濡れ衣を着せられて、間違って逮捕されて刑務所で何年間も過ごして、自分の人生を潰されたというか、まあ、自分の人生を全うできなかったというか、まあそういう人がいるということを、私も知らないでいたわけで、40を越えて、こういう人が日本とか浜松にいるんだということ知り、自分の勉強不足を知り、と同時に本当に学校とか義務教育とか、テレビとか新聞とかでも、本当に大事なこととか、こういうことが本当に流れていなし、学校でも教えてくれないというか、流れていないというか、本当にこういう日本のおかしいというか、まあ、間違った判断をした警察よりなのか、何かそういう日本の間違ったところも、40歳を越えて分かったというか感じたところです。

2020年9月14日月曜日

52年前の9月11日、袴田さんは死刑判決を受けた

 52年前の9月11日、袴田さんは死刑判決を受けました。この日3回目になる、袴田さんの上告趣意書を読む朗読会を行いました。参加者一人一人が読み合わせ、意見交換をする中で、袴田さんの心中がよく理解でき、中には読みながら涙ぐんでしまう場面もありました。司法権力の残酷な姿が浮き彫りになります。



連日のスタンディングアピール

 袴田さんの再審開始を求める連日のスタンディングアピール。(静岡地裁による袴田さんへの最初の死刑判決は9月11日。9月12日は定例の街頭署名活動日)なお、昨日は34年前に袴田さんが最高裁に提出した上告趣意書の、3回目の朗読会を開催しました。



2020年8月18日火曜日

袴田さん不当逮捕から54年 


                                                                                                                

                                                                                                                         2020818
 最高裁判所第3小法廷 
林 道晴 裁判長殿
袴田巖さんの一刻も早い再審開始決定を求める要請書
袴田さんは54年前の818日、静岡県警によって不当逮捕されました。静岡県警は捜査終了後の報告書で、「犯人は袴田以外にはない、袴田に間違いがないということを強く袴田に印象づけることにつとめる」と、取り調べにあたっていたことが記載されています。捜査に行き詰った県警が、元プロボクサーでアリバイのない袴田さんを、犯人にデッチ上げようとしていたことの証拠に外なりません。
ところで、43年前袴田さんは、無実の訴えを「上告趣意書」として最高裁あて提出しています。この中で、穿けないズボンのこと、ズボンの端切れは警察が仕組んだもの、犯行着衣の2枚のシャツの穴の位置の違いなど、警察の違法捜査を厳しく指摘し、無実の訴えを繰り返し述べています。
また、裁判については「一、二審の誤まった裁判は、必ず、最高裁で正されると確信致すものである」と、期待も抱き、一方で裁判は国民の問題として、「この不当かつデタラメが最高裁に於いて黙視されるようなことがあったら、正義は滅び、国もやがて滅びるであろう」と、述べています。
この43年前の上告趣意書の無実の訴えを改めて受け止め、一刻も早い再審開始決定を求めるものです。
                  浜松 袴田巖さんを救う市民の会
共同代表  渥美 邦夫・寺澤 暢紘

2020818


静岡県警察本部長 山本 和毅 殿


袴田巖さんの54年前の不当逮捕抗議申入書

 
袴田巌さんが身に覚えのない罪で、事件発生から50日後の1966818日に不当逮捕され今年で54年になります。

袴田さんは逮捕から4日後の、822日午後440分から約5分間、清水警察署において弁護人との接見時の会話が、盗聴行為によって「秘密交通権」が侵害されました。
 刑事訴訟法391項は、被疑者・被告人は捜査機関に接見の内容を、知られることなく弁護人と接見する権利として秘密交通権が保障されています。

 このような貴職による違法な接見盗聴は、刑事司法制度の根幹を揺るがす重大な事態であり、静岡県民に対する犯罪行為と言わざるを得ません。

また、袴田さんは殺された専務と格闘した際に、専務から向こう脛を蹴られたと自白させられていますが、逮捕時の身体検査では向こう脛の傷はありませんでした。これは逮捕後の取調の最中に警察官によって作られた傷であり、拷問による自白の強要に外なりません。

貴職による違法な接見盗聴、深夜まで及んだ長時間の取調、拷問による自白の強要、さらには数々の違法な証拠のねつ造などにより、無実の袴田巌さんは犯人に仕立て上げられ、今もなお冤罪は晴れていません。 
 
無実の袴田さんの不当逮捕は、捜査の行き詰まりを隠し、事件解決を焦った結果であり、県民の財産、生命を守るべき貴職の責務を逸脱したもので認められません。
従って、現在審理中の最高裁に於いて、貴職の袴田さんに対する違法捜査の全てを明らかにし、袴田さんの冤罪を晴らすこと強く求めるものです。


              浜松 袴田巖さんを救う市民の会
               共同代表 渥美 邦夫・寺澤 暢紘


2020年8月14日金曜日

不当逮捕から54年抗議行動及び第2回朗読会


2020.8.12
不当逮捕から54年抗議行動及び第2回朗読会について

1 不当逮捕抗議及び最高裁要請行動
(1)  スタンディングアピール
 11時から 浜松駅前にて
(2)  県警あて抗議要請文
   別紙
 (3)袴田さんのはがき

 (4)最高裁要請行動
   ① 最高裁前街頭宣伝
12時から 
    要請行動
13時から
    主催
袴田巖さんの再審を求める実行委員会

2 第2回朗読会
  1330分から コミュニテーカフェPaoにて
(1)   最高裁提出の上告趣意書
1977314日付、90,259文字
1976722日(下書き)
          〃     (素案) 
(2)   上告趣意補充書
    ・1977416日付(調査官指示により資料としない) 約16,000
    ・19771017日付 約6,000
 
   3 袴田さんの逮捕当日の様子が書かれたはがき及び上告趣意書についての袴田さん
の話
(1)   逮捕当日の様子の書かれたはがき
1981511日付 高杉晋吾さんあてのはがきより
(2)   上告趣意書について袴田さんの話
      


逮捕された日の様子



1966
8月、野鳥が鳴き夏花の香しい息吹が天地にみなぎりはじめた早朝、清水市横砂の人通りのない軒軒も決して例外ではなかった。私はこがね味噌の自室でその時、野鳥や静物の息吹を心好く感じながらなお閉眼して寝返りを打った。その直後、おいこら居るか、と言いながら部屋にずかずか入ってきたニコチン臭い男どもが警察機関の者だということは私の第六感は直感した。このような不文律に私は腹立ちを禁ずることは出来なかった。連行したとの機関員らは、その日に取調室にこなかった。直接尋問してきたのは警部・松本であった。これらの暴力的調を行なった刑事らは殆ど初対面であった。ところでいささか不思議だったのは「行きましょう」というものの表情には酷く苦行する修道僧の姿がうかがえることであった。真の理由もなく寝込みをおそって監禁することを職業とする彼らだからこそ例外なくそのこわばり、引きつり、あるいは口に言い現わせない疲労感で歪んでいるのだ。中年のニコチン臭の固まりのような男の指示によって私は車に乗せられ、結局到着した所は、清水警察署であった。    
(昭和56511日付 高杉晋吾さん宛のはがきより)


2020.7.3
上告趣意書の話
 *街歩きから戻った巌さんが一息つくまで約30分ほど待ってからの対話
・大体何時間ぐらい歩くですか
5時間ぐらい歩くんだろうね。
・疲れませんか
5時間位ね
・街の具合はどんなですか
街はねぇ平穏でね
・落ち着いて歩けますか
歩く方はね。自分のペースだからね。自分のペースで歩いているという事だからね。
・飲んだり、食べたりするですか
やってるんだがね
・どんなもの
きんつばなんかね。ジュース、いろんなもの飲んで、金が増えることやってるんだね。
・良いですね。特に気をつけていることありますか
別にないがね
・巌さんに字を教えてもらいたいんですが。(穢の字を見せながら)のぎへんにさいという字。書いた覚えはないですか。
辞典をみにゃ分からんよ。辞典を調べにゃ
・(上告趣意書に書かれている箇所を見てもらい)こんな字
小さいな
・難しい字です。巌さんがたくさん難しい字を書いているので、覚えなきゃいけないと思って。結構字引引いたですか。
そりゃ引かにゃしょうがない
・本で覚えたとかじゃなくて、字引で
字引持ってるからね
・一番難しい字はどんな字だったですか
いろいろあるわね。勉強しだしゃ難しいという事じゃないんだね。字はね。辞典にあるんだからね。辞典を調べりゃ分かるんだね
・書こうとして字が分からないと辞典を引いて
そりゃね勉強するときゃ、したんだね。
・いろんなもの書いたですか
あー毎日書いたんだね。袴田通信でね。
・裁判所にも書いたんですか。
字はもういいっんでね。字は覚えちゃったからいいつっんだ。儀式でね。そこまで書いたんんだね。
・(上告趣意書を見てもらいながら)これなんか覚えてるですか。
どうなのかね。覚えてるはずなんだがね。
・上告趣意書
うーん
・この中にたくさん巖さん書いてるじゃないですか。
うーん
・私一番気になったのは、ゾーリ。
ゾーリ?
・ゴムゾーリ
あー
・あれとっても気になって、本当のこと言ってるなと思って。
ゴムゾーリぐらいじゃ強盗は出来んからね。誰だって。警察だって認めるわきゃないんだから。
・あれ一番私は巖さんが言ってること本当だなと思った。木に登る事なんてできっこないって書いてある。
そういう事なんだ。強盗そのものがね。ゴムゾーリじゃできんよ。初めから。
・証拠はどうなっちゃったんですか。
無いんだね
・おかしいですよね
おかしい
・たくさん考えてたですね。
でっち上げだからね。全て作ったもんだから、警察が。ないんだね、ゾーリでも出さにゃね。履いてるものはね。
・たくさん8万字、7万字くらい書いたですよね。
あーそう
・びっくりしちゃった。これでもかこれでもかと書いてるからね。最近そういうこと思い出すことあります
忘れちゃったね。拷問もなにも忘れちゃったんだね
・それの方が気持ちが落ち着きますか
まあ時間だね。時間が経っていて消えてちゃんだね
・悔しいことないですか、消えてっちゃって
無いんだよね。もう終わったんだね。もうそういうことないんだからね
・それが一番ですね
 ご飯の支度が出来たということで終了。(文責:寺澤)